FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/11/23

週1塾に行くことと、週一とことん付き合う事

塾に通っていない子の 学習の進捗について 今の考えをまとめておこうと思います。

高学年の小学生が帰宅後に自由になる時間というのは

17時以降から22時までと思います。

その時間の中で 夕食・入浴を済ませ 学校生活を重視したスケジュールでいえば、

小学校の宿題や明日の準備などに概ね40分はかかるのではないかと思います。

概ね18時から18時半には小学校の毎日のことは終わると思うのですが、

その後の時間を 塾で過ごしている子、テレビやゲームをして過ごす子 それぞれいるのかなと思います。

例えば 公文に通っている場合は、週に2日ほど 学校帰りから夕飯まで学習に取り組み、

夕飯後から 終身までの間に学習に取り組むのですよね。

週二日、そういった日にちがあって 社会人並みの忙しさで

私たちが子供のころ、そうだったのかなぁ、と思うところがあるのです。



今日学校で起こったこと、感じたこと、を親子で話す時間というのは

とても大事だと思っているのですが、

働くワーママには 時間のゆとりもなく、なかなか 振り返ってみると

反省することも多い 毎日です。

例えば 学校からのお知らせのプリントに目を通しながら、

子どもが話していることを聞き流したり。

プリントを適当においてしまって 夕飯の支度にとりかかった結果、

そのプリントのことを忘れてしまったり。

言い換えれば 私の ザツ な所作が のちの アクシデントを引き起こしている ということになっています。


話がだんだんとそれてまいりました。


つまり。

 私個人的問題ですが、中学受験を考えていない前提でお話すると、

家庭の学習時間と別に、塾に通うお子さんは時間をもっと有効に使っていて、

その親御さんはもっともっと忙しいうえに、上手に時間を活用しているのだから、

我が家のように塾生活がないのであれば、

子供の小学校生活に耳を傾ける時間、

子どもの今の感じていること、考えていること、興味のあること、というのを、

私自身気を付けて 向き合う時間を 作ることってできるんじゃないかなぁと 

もっと 親として できることがあるのではないかな、と思ったのでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。